副業大学生が個人事業主になった話|扶養・確定申告はどうなる?

  • 大学生だけど、副業の収入が増えて親の扶養をはずれそうです ....
  • 開業とかよくわからないし、個人事業主になる具体的な手順が知りたいです。

本記事では上記のような、大学生の開業に関する質問にお答えします。

自分はWebライターとブログの副業で稼ぐ大学生です。先日、月収が10万円を超えたため開業することにしました。

「開業」とか「確定申告」とか聞くと難しく感じますよね。

しかし、実際にやってみたところ、ネットで10分程度で個人事業主になることができました

本記事では、大学生の自分が開業するまでにやったことを共有していきます。

本記事のポイント

  • 大学生が開業して個人事業主になるメリット・デメリット
  • 【ネット完結】開業する手順
  • 開業したらすべきこと
  • 大学生が開業したら扶養から外れる?
  • 開業に関するよくある質問

開業に利用したサービス【freee開業】

ちなみに、開業するにあたって「freee開業」というサービスを利用しました。

「無料」で「ネット完結」で開業できるので、個人事業主になりたい方は絶対に利用してください。

開業までは10分もかからないはずです。

\無料でネット開業!10分で完結/

freee開業はこちら

※注意点:本記事ではよく調べたうえで記事を作っていますが、間違いがないとは言い切れません。ご自身でよく調べたうえで開業手続きを進めてください。本記事による損害に対しては一切責任を負えませんので、ご了承ください。

大学生が開業して個人事業主になるメリットは?

開業するメリットは次の通りです。

  • 扶養の上限が103万円になる
  • 経費を申告できる
  • 信用がちょっとあがる
  • 事業用の銀行口座を作れる

扶養の上限が103万円になる

開業することで「青色申告控除を55万円」受けることができます。

そのため、基礎控除の48万円に青色申告控除の55万円を加えて、合計103万円までの所得なら親の扶養から外れません

  • 開業前) 扶養から外れる所得 → 48万円
  • 開業後) 扶養から外れる所得 → 103万円 (※ 青色申告をした場合)

※所得とは:「所得=収入ー(経費+控除)」

上記のように、青色申告控除の55万円の恩恵はかなり大きいです。

青色申告の55万円控除は開業しないと受けれないので、注意しましょう。

※青色申告控除は申請が必要ですが、「freee開業」なら開業届とセットで提出できます。

経費を申告できる

開業することで、経費として申告できるものが増えます。

例えば、Webライターとブログで稼ぐ自分の場合は次の通り。

Webライター・ブロガーが経費として申告できるもの

  • 家賃の一部
  • 電気代の一部
  • PC(10万円未満のPCなら一括)
  • デスク周りのガジェット
  • WI-FI代
  • 学習用の本
  • カフェ代金(クライアントとの打ち合わせ、作業等)
  • 交通費

上記のように開業すれば、確定申告で経費で落とせるものが多くなります。

在宅で働く自分のように、家賃の一部が経費になるのは大きいです。

経費を上手に使えば、収入が103万円をこえても、所得を103万円に抑えれば扶養からは外れません

経費でデスク環境を整えられるのはありがたいですね。

信用がちょっとあがる

開業届を出して「個人事業主」として活動すれば、社会的な信頼度はあがります。

  • クライアントからの信頼UP
  • 金融機関からの信頼UP → お金が借りれたりする
  • 世間的な信頼感

ただ、賃貸を借りる時などの信頼度は、会社員に比べると弱いそうです。

収入に余裕があっても、自分名義で契約できないこともある点はデメリットといえます。

事業用の銀行口座を作れる

開業届を出すことで、屋号付きで事業用の銀行口座が作れます。

事業用の銀行口座があればプライベートの資金と分けることができるので、帳簿がつけやすくなります。

青色申告を簡単にするためにも、銀行口座は複数持っておくのがおすすめです。

大学生が開業して個人事業主になるデメリットは?

大学生が開業して個人事業主になるデメリットは、次の通り。

  • 確定申告がめんどくさくなる
  • 親の保険によっては、扶養から外れる

確定申告がめんどくさくなる

青色申告控除を受けるためには「帳簿」を付ける必要がありますが、これが結構めんどくさいです。

「口座やレシートを振り返ってExcelで記録を付けて....」みたいにやると、多分一生終わりません。

なので、青色申告用のツールを使いましょう。

人気の青色申告ツール

上記のツールは金融機関を結び付けて、自動で帳簿を付けてくれたりします。

自分はやよいの青色申告オンラインを利用することにしました。1年間無料なので。

とにかく便利なので、開業したら青色申告ツールは使用しましょう。

保険の種類によっては、扶養から外れる(らしい)

扶養には「所得上の扶養 」と「社会保険の扶養」2種類があります。

  • 所得の扶養)扶養を外れる条件 → 所得が103万円(青色申告した場合)
  • 社会保険の扶養)扶養を外れる条件→ 年収が130万円 または 開業届を出した時点

社会保険の扶養の場合、保険の種類によっては、年収に関係なく”開業届を出した時点”で扶養から外れることがあるようです。

開業前に、親の保険を確認しておきましょう。

【ネット完結】開業freeeで個人事業主になる手順【電子申告ver】

それではfreee開業を利用して、ネットで開業届を出す手順を紹介していきます。

freee開業は無料で、「開業届」「青色申告申請書」の2つをネットから提出することができました。

開業時に提出する書類

  • 開業届
  • 青色申告申請書

作製する書類は上記の2種類です。

といっても、ポチポチ入力するだけで勝手に書類が出来上がります。ほんとにあっさりでした。

※以下では、自分がやった「ネットで完結」の手順をご紹介していきます。

手順1. freee開業にアクセス

①:まずはfreee開業にアクセスします。

≫ freee開業にアクセス(※無料)

②:「開業書類を作る(完全無料)」をクリック

③:メールアドレス・パスワードを設定

自分はGoogle アカウントで登録しました。好きな登録方法でOKです。

手順2. 開業届に必要な項目を記入

freee開業のアカウントを作成したら、開業届に必要な項目を入力していきます。

①:個人情報を入力

ここは個人情報なので、正確に入力しましょう。

②:仕事をする場所

自分は自宅で働くので「自宅で働く」を選択しました。

③:仕事の種類・仕事の概要を入力

自分はWebライターとブログの両方なので、以下のように記入しました。

  • 業種) 文筆業、執筆業、ライターなど
  • 職種) Webライター

調べたところ、上記のように記入すればOKとのこと。

不安な場合はご自身で調べてみてください。

④:屋号・開業日を入力

屋号の入力は任意です。自分は入力しませんでした。

ただ、屋号を決めておくことで、屋号付きの銀行口座や印鑑を持つことができます。

事業開始日に関しては、「開業届は開業日から1ヶ月以内に出す」という原則があるため、1ヶ月内の日付を入力すれば良さそうです。

⑤:収入の種類

不動産所得・山林所得がない場合は、「事業所得」を選択しましょう。

⑥:事業主以外の従業員について

他に従業員がいない場合は「今はいない」を選択しましょう。

従業員がいる場合は、別途届け出が必要になります。

⑦:確定申告の種類

ここは「青色申告 55万円控除」を選択してください。

会計ソフトを使えば簡単に書類が作成できますし、電子申告で最大で65万円分の控除が受けられます。

開業する一番のメリットが青色申告なので、ここは「青色申告」を選択しましょう。

全てを入力したら「次へ」をクリック。

手順3. 開業に必要な書類を提出

上記で開業に必要な書類の作成が完了したので、続いて提出段階に移ります。

①:書類の提出先を選択

ここは自動的に入力されるはずです。

提出先を変更したい場合は、自分で選択しましょう。

②:書類の提出方法を選択。

ここで選択できる提出方法は次の4つ。

  • スマホで電子申告
  • PCで電子申請
  • 税務署で提出
  • 郵送

自分は「スマホで申告」を選択しましたが、おすすめは「税務署で提出」または「郵送」です。

スマホで電子申請の場合は、e-Taxと連携する必要があるので、ちょっと手順が増えます。

とりあえずここでは「スマホで電子申請」の手順を解説していきます。

③:書類を確認

ここでは、上記で作成した書類を確認します。

特に入力することはないので、書類を確認して間違いがないかチェックしましょう。

④:電子申請に必要な準備をする

ここは次の2ステップで行います。

1)電子申請に必要なアプリをインストール

まずは自分のスマホに「freee電子申告アプリ」をダウンロードします。

2) 電子申告に必要な準備をする

ほとんどの人が初めて開業するはずなので、「freee電子申告開始ナビ」に従って手順を進めましょう。

自分はここで結構時間がかかりました ...

⑤:書類の提出・受付結果の確認

ここも「1. 書類の提出」と「2. 受付結果の確認」の2ステップです。

1) 書類の提出

「マイナンバー」と「利用者識別番号」を入力して「QRコードを表示」を選択。

上記のQRコードを「アプリを立ち上げる前に」スマホのカメラで読み取ります。

自動的に「freee 開業」のアプリに移動するので、ログイン情報を入力。

ログインしたら「マイナンバーカードのパスワード」「利用者識別番号に基づく暗証番号」を入力します。

  • マイナンバーカードの著名用パスワード)
    → マイナンバーカードを発行した時に作成したパスワード
  • 利用者識別番号に紐づく暗証番号
    → ④で作ったパスワード

自分は「利用者識別番号に紐づく暗証番号」で時間がかかりましたね...

以下のページを参考にしてなんとか暗証番号を取得できたので、わからない方は参考にしてみてください。

≫ 利用者識別番号および暗証番号の設定【e-Tax】

2)受付結果の確認

暗証番号を入力して「受付結果の確認」をクリックします。

上記のように、3種類の書類が「受付完了」になっていれば、手続きは完了です。

以上で開業届と青色申告申請書の提出が完了です!お疲れさまでした。

開業して個人事業主になったらすべきこと

以上で開業届が完了しましたが、開業したらしておいた方が良いことがあります。

開業したらすべきこと

  • 会計ソフトを導入する
  • ネット銀行口座をつくる
  • クレジットカードを作る
  • 確定申告はe-Taxで行う(大事)

それぞれ説明していきます。

会計ソフトを導入する

まずは会計ソフトを導入しましょう。

会計ソフトとは「青色申告に必要な書類を自動で作ってくれるソフト」のことです。

会計ソフトを使わないで青色申告をすると、たぶん地獄なので絶対導入しておいた方が良いです。

人気の会計ソフト

1年間無料ということで、自分は「やよいの青色申告オンライン」を利用することにしました。

上記の3つならどれでも問題ないですが、お金をかけたくない方はぜひ利用してみてください。

≫ 【1年間無料】やよいの青色申告オンライン

ネット銀行口座を作る

また、ネット銀行口座をいくつか持っておくこともおすすめです。

個人事業主は、複数のネット銀行を持つと便利

  • ネット銀行A)プライベート用
  • ネット銀行B)事業用(経費など)

上記のように銀行を分けておけば、確定申告の時に楽になります。

ネット銀行なので、スマホから操作できるのもおすすめポイントです。

個人事業主におすすめのネット銀行

  • 楽天銀行
  • PayPay銀行
  • GMOあおぞらネット銀行
  • 住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行以外は、屋号付きの銀行が作れます。

ネット銀行は手軽に利用できて便利なので、ぜひ作ってみてください。

クレジットカードを作る

クレジットカードも、「プライベート用」「経費用」のように、複数保有しておくのがオススメです。

個人事業主におすすめなクレジットカード

  • 三井住友カードNL
  • 三井住友カード ビジネスオーナーズ

個人事業主は「三井住友カードの2枚持ち」が最強です。

上記のカードは副業・個人事業主向けに作られており、2枚持ちでポイント還元率がUPします。

三井住友カードをお得に発行するなら「a-8net」

そして、上記の2枚のカードを発行するなら「a-8net」を経由するのが最強です。

セルフバックで23,500円の報酬に加え、最大16,000円分のポイントがGetできます。

超オトクなので、三井住友カードを発行するならa-8netを経由しましょう。

a-8netでセルフバックする手順

  • A8.netに登録
  • 各種情報を入力
  • 「セルフバック」からカード発行する

a-8netへの登録は簡単なので、ぜひ利用してみてください。

≫ A8.netに無料登録する

確定申告はe-Taxで行う

そして、確定申告は必ず「e-Tax」で行いましょう。

e-Taxで電子申告することで控除額+10万円

  • 書類で確定申告した場合) 55万円分の青色申告控除
  • e-Taxで確定申告した場合) 65万円分の青色申告控除

上記のように、e-Taxで電子申告することで、青色申告の控除額が10万円増えます。

電子申告には「マイナンバーカード」が必要なので、早めに発行しておきましょう。

大学生の開業・個人事業主に関するQ-A

大学生が開業すると、親の扶養から外れる?

扶養には「所得上の扶養」「社会保険の扶養」の2種類があり、それぞれ扶養を外れるタイミングが異なります。

  • 所得の扶養)扶養を外れる条件 → 所得が103万円(青色申告した場合)
  • 社会保険の扶養)扶養を外れる条件→ 年収が130万円 または 開業届を出した時点

社会保険の種類によっては、「開業した時点で扶養から外れる」こともあるそうです。

そのため、開業前に保険の種類を確認しておきましょう。

開業するメリットは?

開業するメリットは次の通りです。

  • 最大65万円分の青色申告控除が受けられる
    開業前 ) 扶養から外れるライン → 48万円
    開業後 ) 扶養から外れるライン → 48万円+最大65万円 =113万円
  • 経費を申告できる

青色申告控除を受けることで、開業前より65万円分多く稼いでも、親の扶養から外れることはありません。

ただし、収入が130万円を超えると、社会保険の扶養から外されるそうです。

開業届は絶対に出さないとだめ?

原則、事業開始から1か月以内に出す必要があります。

しかし、1か月以内に開業届を出さなくても罰則はないらしいです。

まとめ:大学生が個人事業主になった話

以上、大学生の自分が開業届を出した話でした。

freee開業を利用したら、想像の200倍くらい簡単に開業できちゃいました。

無料でネット完結でできちゃうので、これから開業する人はぜひご利用ください。

\無料でネット開業!10分で完結/

freee開業はこちら

開業したら会計ソフトを導入しよう

青色申告を簡単にするためにも、会計ソフトは導入しておきましょう。

本記事で紹介した会計ソフト

お金をかけたくない方は、1年無料の「やよいの青色申告オンライン」がおすすめです。

クレカ発行は「a-8net」がオトク

クレジットカードの発行は「a-8net」を経由するのがオトクです。

無料で簡単に登録できるので、ぜひ a-8netのセルフバックを利用してみてください。

\最大39,500円のチャンス!/

a-8netでセルフバックする

-Writer, ブログ