【受注率UP】Webライター向けにプロフィールの作り方テンプレートを紹介

Webライターのプロフィール文の書き方がわかりません。今すぐ使えるテンプレートが欲しいです。

この記事ではこのような疑問を解決します。

この記事を書いている僕は大学生のWebライターです。半年ほど継続したら月5万円稼げるようになりました。

クラウドワークスなどで、プロフィール文を適当に書いているライターさんをよく見かけますが、あのプロフィール、かなり重要です。

適当に作るだけで知らず知らずのうちに損している可能性も…

というわけでこの記事では、Webライターがすぐに使えるプロフィール文のテンプレートを紹介していきます。

この記事を読めば、すぐにキレイなプロフィール文が作れますよ。

【Webライター向け】プロフィール文の作り方テンプレート

早速ですが、プロフィール文のテンプレートをご紹介していきます。

プロフィールのテンプレート

プロフィールをご覧いただき、ありがとうございます。
〇〇と申します。

◆ 自己紹介

・〇〇歳で、性別は〇〇です
・2021年:〇〇大学を卒業
・2021年6月:〇〇を開始
・2021年10月:Webライターとして活動開始
・2021年10月:投資を開始
・2022年3月:ブログを開設

◆ 対応可能な業務

・ブログ記事の執筆
・WordPress入稿
・SEOライティング
・記事のリライト
・記事構成の作成

◆ 得意ジャンル

・〇〇
・〇〇
・〇〇

その他、ご相談いただければ全力で対応いたします。

◆ 実績

過去に執筆させていただいた記事を添付いたしますので、ご覧くださいませ。

・URL:〇〇
・タイトル:「〇〇 〇〇 〇〇」
・掲載メディア:〇〇

・URL:〇〇
・タイトル:「〇〇 〇〇 〇〇」
・掲載メディア:〇〇

◉ ブログ

URL:https://kedy-blog.com
ジャンル:〇〇
運営歴:〇〇年〇月〜
PV:〇〇PV

検索順位も順調に伸びており、SEOの知識もございます。
実際に結果が出ている記事を添付しますので、ご覧くださいませ。

【検索○位】
・URL;〇〇
・記事タイトル:「〇〇〇〇〇〇」
・キーワード:「〇〇 〇〇 〇〇」

【検索○位】
・URL;〇〇
・記事タイトル:「〇〇〇〇〇〇」
・キーワード:「〇〇 〇〇 〇〇」

◆ 使用ツール

・wordpress
・Word
・Googleドキュメント
・ChatWork
・ラッコキーワード
・Mind Meister
・グーグルキーワードプランナー

◆ 稼働時間

・平日:1日3時間
・休日:1日8時間ほど

基本即レスで、日中でも返信いたします。

◆ 単価の目安

・1文字〇円よりお受けしております。

◆ 自分の強み

・「即レス」が自分の強みです。どんなに遅くても〇時間以内に返信いたします。
・納期厳守はもちろんですが、案件をいただければスピード感を持って納品いたします。

こちらのプロフィールで興味を持っていただけましたら気軽にご連絡ください。
何卒よろしくお願い致します。

こんな感じですね。ほかに書くことがあれば、自分なりに付け足しても全然OK。

最低限書くことは以下の8つです。

  • 自己紹介
  • 対応可能な業務
  • 実績
  • 得意ジャンル
  • 使用ツール
  • 稼働時間
  • 単価の目安
  • 意気込み

①:自己紹介・経歴

まずは簡単に自己紹介を書きましょう。

書き方の例

  • 〇〇歳で、性別は〇〇です
  • 20XX年:〇〇大学を卒業
  • 20XX年Y月:〇〇を開始
  • 20XX年Y月:〇〇に入社
  • 20XX年Z月:Webライターとして活動開始
  • 20XX年Z月:投資を開始
  • 20XX年W月:ブログを開設

できるだけ正確に書いたほうがクライアントには信頼してもらえます。特に問題がない場合は、できるだけ詳細に記載しましょう。

「年齢・性別・職業(学校)」などは最低限書くといいですね。

②:対応可能な業務

対応可能な業務は、「自分がどんな仕事ができるか」をアピールするために書きます。

書き方の例

  • ブログ記事の執筆
  • WordPress入稿
  • SEOライティング
  • 記事のリライト
  • 記事構成の作成

こんな感じで、自分ができることを書けばOKです。

書くこと③:得意ジャンル

得意ジャンルを書くことで、クライアントに見つけてもらいやすくなるので、できるだけ書きましょう。

例えば、「仮想通貨ジャンルが得意です」と、プロフィールに書いてあれば、仮想通貨ライターを探しているクライアントに見つけてもらいやすくなりますよね。

書き方の例

  • 副業・アフィリエイト
  • FX(特に海外FX)
  • 仮想通貨

こんな感じで、3つくらい書けばOKです。

書くこと④:実績

実績は超重要なので、絶対に書きましょう。

実績になるもの

  • ブログ
  • note
  • 過去に執筆した記事

この辺りは実績になります。

URLと、検索順位・狙ったーキーワードなどがあれば記載しましょう。

※実績がない場合の対処法は、後ほど解説します。

書くこと⑤:使用ツール

使用ツールは、「私こんなツール使いますよぉ」っていうのをアピールするために書きます。

使用ツールに書くもの

  • wordpress
  • Word
  • Googleドキュメント
  • ChatWork
  • ラッコキーワード
  • Mind Meister
  • グーグルキーワードプランナー

普段使うやつを書けばいいですね。

Mind Meister」「ラッコキーワード」あたりを書いておけば、「お、こいつやるなぁ」と思ってもらえるかもしれません。

あとは、連絡ツールとして「Chat Work」を使うクライアントも多いので、使えるなら書いておきましょう。

書くこと⑥:稼働時間

稼働時間は、サラッと書けばOKです。
書き方は以下のような感じ。

・平日:1日3時間
・休日:1日8時間ほど

基本即レスで、日中でも返信いたします。

ひとまず、平日・休日の作業時間と、返信の速度などを書けば大丈夫です。

書くこと⑦: 単価の目安

単価の目安も、「クライアントの予算に合わせやすくするため」に書きます。

例えば、「文字単価1円あたりのライターいないかなぁ」というクライアントがいれば、プロフィールからスカウトが来る可能性がありますよね。

あとは、「この単価以下の案件はは受けない!」という、ちょっとした覚悟にもなります。

初心者でも安請けしすぎないように、最低でも「文字単価0.5円〜」にしましょう。

書くこと⑧:最後に・自分の強み

プロフィールの最後には、自分の強みを書きましょう。

プロフィールの最後に書くこと

  • 納期を厳守すること
  • 返信速度
  • その他強み

「納期」「返信の速さ」に関することは書けば、最低限の信頼になります。

その他、得意なことがあれば書きましょう。

プロフィールの書き方のポイント3つ

基本的にテンプレート通りにプロフィールを作れば問題ないですが、いくつかポイントがあります。

そのポイントは以下の3つ。

  • 初心者アピールをしない
  • 本人確認・NDA締結をする
  • プロフィール画像にこだわる

ポイント①:初心者アピールをしない

初心者アピールは、基本NGです。

例えば以下の例。

  • 「初心者ですが、精一杯がんばります!」
  • 「自分には〇〇ジャンルの知識が豊富にあるため、オリジナリティのある記事を執筆できます。」

クライアントが採用したいのは後者ですよね。

仮に全くの未経験の場合でも、自信を持ってアピールすることが重要です。不安かもしれませんが、ちょっとくらいオーバーなくらいがちょうどいいです。

ポイント②:本人確認・NDA締結を済ませる

本人確認・NDA締結は、信頼度が上がるので絶対にやっておきましょう。

※NDA締結とは、「仕事のやりとりを外部に漏らさないでね」と言う契約です。違反すると損害賠償もあり。

クラウドワークスの場合

例えば、クラウドワークスで「本人確認・NDA締結」をすると以下のように表示されます。

これらを済ませることで、より機密性の高い案件も受けられるので絶対に登録しておきましょう。

やり方は、プロフィールから本人確認を済ませたあと「NDA」の欄からできます。

ポイント③:プロフィール画像にこだわる

プロフィール画像は結構重要で、適当なフリー画像だと損することが多いです。

  • 適当なフリー画像のプロフィール
  • 顔写真付きのプロフィール

クライアントが信頼するのは後者ですよね。

正直、顔が見えるだけでも信頼度はグッと上がります。同じ単価なら信頼できる方に発注しますよね。

でも、顔写真はいやです…と言う場合

顔写真がいやなら、ココナラでイラストを描いてもらうのがおすすめ。

ココナラのデザイナーさん達はクオリティが半端なくて、「この価格でこのクオリティなの!?」というレベルで描いてくれます。

1つアイコンを作れば、SNS、ブログ、クラウドソーシング全てで使えるので、作っておいて損はないです。

顔写真がいやなら、キレイなアイコンを使ってプロフィールを作りましょう。

» ココナラでデザインを依頼する

【対処法】プロフィールに書く実績がない場合

プロフィールの実績はめっちゃ重要なんですが、「実績なんてないです…」という方も多いはず。

そこで、実績がない時の対処法を紹介していきます。

具体的には、以下の3つですね。

  • WordPressブログを実績にする
  • noteに投稿してみる
  • ジャンルの知識で攻める

①:WordPressブログを実績にする

実績がないなら、ブログを立ち上げて実績を作るのがおすすめです。特に、ブログは強い実績になりますよ。

「実績作るの面倒だよ…」と思うかもしれませんが、これくらいできないと稼げるライターに離れません。

10記事同じジャンルで書けば、そのジャンルの知識のアピールになりますし、ライティング力も爆あがりです。

他にもブログでアピールできることは多いです。

ブログでアピールできること

  • SEOの知識
  • WordPressの知識
  • ライティングの実力
  • 構成の作成能力
  • ジャンルの知識
  • …etc

と、こんな感じでアピールできる点がたくさんあります。

特に、SEOの知識は強いアピールポイントになります。

「SEOってなに…」という方に、以下の記事でSEO対策の知識をまとめています。この1記事でWebライターに必要なSEOはほぼ網羅されているので、是非ご覧ください。

関連:【意外と簡単】Webライターに必要なSEO対策は4つだけ

Webライター×ブログは最強

ブログが強い理由は、ライター育成のプロの「沖ケイタ」さんも仰っているんですね。

やはり、「SEO」の実績ができるブログは相当強いことがわかります。

実績がなくて困っているならまずはブログをやりましょう。

»【10分でできる】ブログの始め方

» Webライターがブログをやるメリット7つ

②:noteを実績にする

noteを実績にしているライターは多いですね。

※noteは自分の経験・ノウハウなどを無料で執筆できるサービスです。このほか、ノウハウを有料で販売するともできます。

SEOの実績にならないのが痛いですが、ライティングのアピールにはなります。

» noteに投稿してみる

③:ジャンルの知識で攻める

ライティングの実績がない場合は、ジャンルの知識をアピールをしまくりましょう。

例えば以下のような感じです。

  • 「アニメがめっちゃ好きで、これまで100作品以上見てきました。」
  • 「投資に興味があって、100冊ほど本を読みました。」
  • 「仮想通貨の投資歴が5年あります。」

ライティングの経験がなくても、これだけの知識があれば採用してもらえることは普通にあります。

それでも得意なジャンルがない場合

結論、本で勉強しましょう。

大体10冊くらい読めば、ジャンルの知識を大まかに把握できます。しかも、文章に触れられるのでライティングのインプットにもなります。

おすすめのサービスは、Kindle UnlimitedAmazon オーディブルの2つ。コスパよく勉強しまくれるので、自分は愛用しています。

上記のサービスで、まずは1つにジャンルを絞って本を読みまくると、自然と得意ジャンルができますよ。

関連:Kindle Unlimitedで読めるWebライターにおすすめの本10選

プロフィールを整えたら起こったこと

プロフィールを整えた結果、いくつか変化が起きたので、軽くご紹介します。

①:提案が通りやすくなった

まずは提案が通りやすくなりましたね。

提案文を読んでから、プロフィールに飛ぶクライアントもわりと多いので、プロフィールを整えるのは効果的だったようです。

とはいえ、提案文を整えることも重要なので、適当に提案文を書いている方は以下の記事を参考にしてみてください。

»【受注率UP】Webライター向けに提案文の書き方テンプレートを紹介

②:スカウトが来るようになった

プロフィールを整えてから、めっちゃスカウトが来るようになりました。

スカウトは、逆オファーみたいなものです。プロフィールを読んでスカウトしてくるクライアントも多いです。

自分に実際にきたスカウトは、以下のような感じです。

「文字単価3円」なので、自分で提案するより単価も高いし、手間も省けますね。このスカウトから、実際に取引が成立したこともあります。

といっても、ほとんどのスカウトはまともな単価を提示してこないので無視してます(笑)

プロフィールを整えることでこういったご褒美もあるので、損することはないです。

注意点として、悪質なスカウトはわりと多いです。外部サービスに誘導するようなスカウトには注意しましょう。

まとめ:Webライターのプロフィールの書き方

ここまでご覧いただきありがとうございます。

最後にもう一度、テンプレートを紹介しますね。 

プロフィールのテンプレート

プロフィールをご覧いただき、ありがとうございます。
〇〇と申します。

◆ 自己紹介

・〇〇歳で、性別は〇〇です
・2021年:〇〇大学を卒業
・2021年6月:〇〇を開始
・2021年10月:Webライターとして活動開始
・2021年10月:投資を開始
・2022年3月:ブログを開設

◆ 対応可能な業務

・ブログ記事の執筆
・WordPress入稿
・SEOライティング
・記事のリライト
・記事構成の作成

◆ 得意ジャンル

・〇〇
・〇〇
・〇〇

その他、ご相談いただければ全力で対応いたします。

◆ 実績

過去に執筆させていただいた記事を添付いたしますので、ご覧くださいませ。

・URL:〇〇
・タイトル:「〇〇 〇〇 〇〇」
・掲載メディア:〇〇

・URL:〇〇
・タイトル:「〇〇 〇〇 〇〇」
・掲載メディア:〇〇

◉ ブログ

URL:https://kedy-blog.com
ジャンル:〇〇
運営歴:〇〇年〇月〜
PV:〇〇PV

検索順位も順調に伸びており、SEOの知識もございます。
実際に結果が出ている記事を添付しますので、ご覧くださいませ。

【検索○位】
・URL;〇〇
・記事タイトル:「〇〇〇〇〇〇」
・キーワード:「〇〇 〇〇 〇〇」

【検索○位】
・URL;〇〇
・記事タイトル:「〇〇〇〇〇〇」
・キーワード:「〇〇 〇〇 〇〇」

◆ 使用ツール

・wordpress
・Word
・Googleドキュメント
・ChatWork
・ラッコキーワード
・Mind Meister
・グーグルキーワードプランナー

◆ 稼働時間

・平日:1日3時間
・休日:1日8時間ほど

基本即レスで、日中でも返信いたします。

◆ 単価の目安

・1文字〇円よりお受けしております。

◆ 自分の強み

・「即レス」が自分の強みです。どんなに遅くても〇時間以内に返信いたします。
・納期厳守はもちろんですが、案件をいただければスピード感を持って納品いたします。

こちらのプロフィールで興味を持っていただけましたら気軽にご連絡ください。
何卒よろしくお願い致します。

プロフィールを整えるのはそこまで時間が掛からないので、サクッとやっちゃいましょう。

それでは今回は終わりです。

SEOの知識を身につけよう

Webライターで稼ぐなら、SEOの知識は必須です。

  • 「SEOってなに…?」
  • 「どうやって勉強するの…?」

という方は以下の記事をご覧ください。

WebライターのSEO対策に必要な知識を、ほぼ全てまとめました。

» Webライターに必要なSEO対策は4つだけ

【簡単】Webライターが勉強すべきSEO対策4つ【具体的なやり方】

続きを見る

ブログをつくって、実績をアピールしよう

上記の記事でSEO対策の知識が身に付いたら、自分のブログをつくってアウトプットしましょう。

Webライターにとって「自分のブログを運営している」ことは、最強の実績です。

自分は、ブログを始めてから案件の取りやすさが格段に上がったので、マジでおすすめですよ。

»【10分でできる】WordPressブログの始め方

【ConoHa WING】WordPressブログの始め方【初心者でも10分】

続きを見る

インプットはKindle Unlimitedがおすすめ

Webライターは日々勉強なんですが、コスパよく勉強するために自分はKindle Unlimitedを使い倒してます。

月2冊読むだけで元が取れるので、コスパはわりとバグってます。授業中、移動時間によく読んでますね。

特に、Webライターにおすすめの本を以下の記事にまとめたので、ご覧ください。

» Kidle Unlimitedで読めるWebライターにおすすめの本10選

初心者Webライターにおすすめの本10選|Kidle Unlimitedで読めます

続きを見る

\3ヶ月間99円のセール中/

-Writer